メリークリスマス!

  • 2018.12.24 Monday
  • 21:18

メリークリスマスです!!


読者様方から、素敵なプレゼントを頂きまして、(頂いたプレゼントは、ツイッターの方でアップするつもりです。)

感謝を込めて、お送り下さった読者様方の推しを描いてみた絵です。(^-^)


そして今日は、

浪漫活劇譚 艶漢 三夜の

チケット先行販売開始の日でもあります!


こちら次元に来た彼らに、是非会いに来て下さいねv


舞台公式サイトはこちら!↓


https://www.clie.asia/adekan/



26日は詩郎誕生祭です!

  • 2018.12.24 Monday
  • 00:05

予告ですが、今月の26日は.

ツイッターで詩郎の誕生祭を決行する予定です。


年に一回、詩郎がツイッター上にやって来ますのでお気軽にご参加下さいね!



はぁーもうやっぱり好きー

  • 2018.12.21 Friday
  • 00:08

大好きな漫画家さんのツイートを覗いてみたら、日々の落描きと言う名目の


メチャクチャ上手い絵がバッサバッサアップされていて、

はぁー!こんなん落描きって言っちゃうんですね!?

もう先生の才能と画力にはひれ伏すしかないわ!って気持ちなんですけども


技術的に上手いとかはこの際置いておいたとしても、(実際はべらぼうに達者でいらっしゃるのだけど)とにかく先生の絵の雰囲気が好きなんだわ、と。

キャラクターの顔も好きだし全部好き。

特に女の子の絵の魅力が凄い。


しかし絵は私の絵とは全然種類が違うし

むしろ、先生の絵に寄せる程の画力は持ち合わせてない。

少しならまだしも、先生から、もう取り返しがつかないほどボコボコに影響を受けるようなマネだけはしたくない。いくら好きでも。


更に言えば、もう絵がなくても内容だけでも大好き!というお話を書かれるから。


色々好きが過ぎて、ご本人に会うためだけに上京したこともあります。

たぶんあの時の私は大変キモかったに違いない。


掛け値無しに尊敬できて

ずっと応援し続けたいし見守っていきたい先生がいることは本当に力になるし 

勝手に励みになりました。


よーし頑張るぞ!


ここまで言っておいてアレですが、

尊敬する先生のお名前は伏せます。


読者様から、色んな先入観を持たれると嫌なので。

それは、どこで文を書く時も意識してるかもしれないです。


自分の具体的な思想とか

あんまり書かないようにしてる。


この描き手はこういう価値観だから

こうだよね、と思われてしまうと作品の奥行きが減ってしまいそうだから。


それで言うなら、

一番メンタルに踏み込んでインタビューに答えたのは、

「艶漢ビジュアルブック」のロングインタビューかもしれないです。


あれは、わりとギリギリまで書かれてる。

最初、インタビューと思わずに、レストランで担当さんとベラベラ話してたら、

いつの間にか録音されてて

あの会話がインタビューに載ってる部分もある。

ライブ感が好きな担当さんなので、

まあ、いいんですけど、


だからこそか、あのインタビューはわりと突っ込んだ内容になってしまった感があります。

まあ、たまにはいいんだけども。


それはともかくとして、やっぱり先生の絵が好き…。

はあー。最高か…。


私も精進したいなぁ。

誰かの中の最高になれるのが夢です。



ちょっと自慢させて下さい

  • 2018.12.14 Friday
  • 02:09

今、改めて自覚したんですけど、


私、親戚に


大人なのに、

天然で一人称が「僕」の男の人がいるんですけど、

その人のお父さんも、一人称が僕なんですよね。


大人ですよ?

お父さんに至ってはおじさんですよ。


おじさんの僕っ子ってかなりポイント高くないですか?

敬語じゃなくても一人称が僕なんですよ。


二人共かなりの高学歴なんですけど、

え、なに?

なんかちょっとインテリなんですか?って思わないでもないですが


とにかく天然の僕っ子が身近にいることが嬉しいのです。

ありがとう世の中!!


インタビュー参加してきました

  • 2018.12.12 Wednesday
  • 23:46

浪漫活劇譚 三夜のインタビューがありまして、私もデジタル的手法で参加して来ました!


まあ、音が所々飛んだりもしたけど、

なかなか素敵に問答の形が取れたと思います。

珍しい体験が出来ました^_^


ちょっと三上さんと櫻井さんに会うのが久し振りだったので(たくまさんは先月の一人芝居で会った)緊張もありましたが、面白かったです。


今月発売のwingsに記事が載ります。

どうぞお楽しみに!


いや、狙ってない

  • 2018.12.03 Monday
  • 21:26
現在、修羅場中なんですけど、
やっぱずっと原稿もやってられないので来ちゃいました。

座り続けると胃が圧迫されてウエッてなるし
手痛い…。

それはそうと、最近気づいたんですけど

いや、前からそうじゃないかなーとは思ってたんですけど、

私、普通の絵のつもりで描いた絵を人に見せたりあげたりした時、

わー!エローい!!っていう反応をもらうことが多いんですね。

別に脱いだりしてないんですよ。
着衣の状態のキャラクターの絵でそう言われるんです。
ポーズなのかと思えば、そうでもないみたいで
胸から上くらいのアップの絵でも言われる始末。

それで恥ずかしいのは、そう言われた時に
私もまんざらでもないところが一番アレなんですよね。

え?そう?(半笑い

みたいな感じになっちゃって
え?それってもしかして私の個性なのかな?ってなって、
正直に

「ん?エロいつもりで描いてないですけど?」
とはなぜか言わずに

「えー?やったー。エロくして良かったー」
とか言ってしまう。

無意識にそうなってるって言うのが恥ずかしいのか、
え、そんなつもりないけど?と言ったら相手がエロいと言った手前気まずくなるだろうと思ってるのか、
それとも浮かれて合わせてしまう癖があるのか。

浮かれるっていうのも変なんですけどね。
ただ、そう言われるのはまんざらでもない自分がいるのは確かみたいで。
なんでだろう。
まぁ、人様の作品でもちょっと色気があるものが好きではあるんです。
本格的なエロスというよりはちょっと色気があるかな?という程度が一番好み。

そうは言っても私の場合は元のデッサン消したくなくて
主人公を半裸にしたり全裸にしたりしてて
ド直球でかえって色気もクソもないですけど、理想があるからといってそのとうりにはいかないのは世の常なのでそんなもんかなと思います。

末原拓馬さんの記事、画像追加しました。

  • 2018.11.08 Thursday
  • 23:08

よくよく考えたら、写真も僅かですがあったので、記事に足しました。

http://blog.naotukiji.main.jp/?eid=1103332


あーあ。怖がらずにもっと沢山撮れば良かったなぁ。劇中、凄い綺麗な絵面がいっぱいあったのに。


たぶんちゃんと撮れてたのになぁ。

はぁ。



Tさんの葉書

  • 2018.11.08 Thursday
  • 19:56

以前からお世話になっている方で、

Tさんという方がいらして。


そのTさんがいつも、ちょうどメールやLINEをくれる気楽な感じで絵葉書を下さるんです。


筆まめなTさん。

四季折々の絵柄の絵葉書が沢山。



でもその本領が発揮されているのは葉書の絵ではなく、Tさんの文章。


すごく面白いんですよ。

主にTさんの日常が書かれてあるんですが無性に面白い。


私、Tさんは絶対エッセイストに向いてると思ってます。

なんでしょう、絶妙にクスリとするんですよ。


最近ふと気づいたんですが、

気軽にメールをくれるように絵葉書をくれるTさんって、今時とても貴重な、ハイセンスな方だなぁと。


今はTさんからの絵葉書は私のTさんの歴史コレクションとなってます。笑

Tさん、ありがとうございます。


末原拓馬さん一人芝居 夢語、観てきました。

  • 2018.11.05 Monday
  • 21:11

艶漢の舞台の光路郎役をして下さっている

末原拓馬さんが、福岡で一人芝居の公演をして下さいまして。

私も観に行ったのですけど、とても楽しませてもらいました。泣いた…。

 

タイトルは「夢語」


 

いつもは胸糞展開と呼ばれる漫画を描いている私ですが、(いや、それでも私にとっては私の漫画は救いなんです…。)

拓馬さんの作品を観た後は、独特のキラキラ感に浸れるんですね。

 

なんだろ。帰りの電車の中で、なんとなく電車内にある料金表を見た時、

なんとなく周囲が煌めいて見えました。


いや、ふざけてないです。たまたま料金表が目に入った時に自覚したというだけです。

あっ、て分かったといいますか。

底に残る幸福感。

 

そういう気持ちにさせてくれるお芝居。

 

拓馬さんはお芝居を色んな場所や形でやっているから

この物語を、後々観る人もいるかもしれないと思うとネタバレするのもなんだかなと思いますので

できるだけネタバレせずに感想を書きたいと思います。

 

↓の絵は、作中に出てくるキャラクターの「獏」を自分なりに描いたもの。

 

 

こちらは本物の獏。↓


実はこの日、観客はいくらでも写真を撮っていいという大サービスデイだったんですけど、

なんか、スマホのカメラ機能で、フラッシュ焚かずに上手く撮るのがよく分からなくて、

最初にチラッと撮れただけでした…。

グスウ…。


物語は、「夢」に関する短編のオムニバス形式。

あっちこっちに放り投げておいて、最後には心に響かせてくれます。

散々曲者を作中に出しておきながら、まっすぐな感情のラスト。

 

なんだろう、あくまで私個人の感想なんですが、

拓馬さんの作品は「純粋な心持ちの痛々しさや尊さ、そういったものの、一見儚いように見える強さ」みたいなものを感じることが多い気がします。あと、絶対に許せない者へ対する許しに至る感情。

 

あと私は特に、「夢語」という、そのものの事が面白いなあと思いました。

まんまとやられた。

 

そういえば一人でやってるお芝居だった、というのを今、思いました。

そういえば一人。それが全く気にならないお芝居でした。観てる間は特に意識してなかったです。

お芝居って凄いなあ。


こちらは、一人芝居の会場となったホール。

本物の煉瓦造り。


 拓馬さんの世界観とよくマッチしてました。


近くの赤煉瓦の建物もとても雰囲気あって素敵でした!




後で、拓馬さんと少し話せたんですけど、なんか今回の公演について聞けば聞くほど

底の知れない話をしていました。

とにかく拓馬さんは現場感と、その時々感じたことなんかを大事にしてるんだなぁ。凄いなあ。

私は家で仕事してるから 、そういうのはほぼ体験できてません。

そのせいもあってか、私はいつも、拓馬さんと話すと「なんだか凄いなあ」ということを思っていて、本当にいい刺激をもらっているし、尊敬もしてます。


私は拓馬さんに共感するところは多いけど、

私と拓馬さんはあまりにも違う。

あまりにも違うことが、とても面白いし素晴らしい。

 

こちらは、家に帰ってから描いた絵。↓

 

 

 

拓馬さん、本当にありがとうございました!

また、どこかでお芝居観ます。

 

ずっと、元気で創作を続ける姿を、沢山の人達に見せて下さい。


 

 

 

ウィングス最新号発売されました!

  • 2018.11.05 Monday
  • 10:34

ウィングス12月号が発売されました!

 

 

今回は、総表紙、巻頭カラー、カラーポスターと多くのカラーを描かせて頂き、

漫画のページ数も多いです。

 

又、今月号は

応募して頂ければもれなく送らせて頂く、描き下ろしペーパーも私が担当させて頂きますので、どうぞご応募頂ければと思います!

 

ちなみに、ポスターは安里のピンで、

 

巻頭カラーでは新キャラも登場しています。

 

今回の漫画ですが、

実は以前から描きたかった新キャラが出たことと、前から描きたかったシーンが描けたこと、

そして何より、読んで下さった方々からご好評頂けた(あくまで当社比ですが)ことがほんっとうに嬉しくて…!!(T ^ T)

 

いよいよ詩郎のターンがきました。

 

捲り上げていきたいと思います。

 

艶漢は、サスペンスや人心の闇、お色気などが持ち味ではありますが、

同時に、少年、青年達の生き様みたいなものも柱として持ちたいと思っているので、

お楽しみ頂けましたら幸いです!

 

そして、舞台、

浪漫活劇譚 艶漢 第三夜のチケット、

ウィングス先行が始まりました!↓

 

https://www.clie.asia/adekan/

 

どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

 

もう…第三夜が楽しみ過ぎて今から萌え散らかしてしんどい…。

 

自作の漫画の舞台に萌えるとかキモいと思われるかもしれませんが、もう、そういう次元じゃないんですよ。

 

かっこつけてすましてられない次元なんです。あれは理性が飛ぶ。楽しみだなぁ。

 

************

 

ここからはちょっとウィングスのお話なんですが、

 

私、実は掲載作品の

「ポジティブなゆり子さん」にいつも大変癒されてまして、今月号のお話もとってもほっこりします。(´∀`*)

 

自分は艶漢描いておきながら、ほっこりとか言ってるなよ!と思われそうですが、私もけっこう、ほっこりすることが好きではあるんですよ…。笑

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

Wings (ウィングス) 2014年 08月号 特別付録 永久保存版小冊子 「尚月地読本 秘宝2」
Wings (ウィングス) 2014年 08月号 特別付録 永久保存版小冊子 「尚月地読本 秘宝2」 (JUGEMレビュー »)
尚 月地,夏目 イサク,右京 あやね,葉芝 真己,篠原 烏童,荒川 弘,那州 雪絵,堀江 蟹子,池田 乾,金色 スイス,ミキマキ,かわい 千草,りさり,鈴木 有布子,街子 マドカ,あおい れびん,藤 たまき,カラスヤ サトシ,なるしま ゆり,白原 ナクレ,押上 美猫,獸木 野生,芝浦 晴海,峰倉 か

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

Wings (ウィングス) 2014年 06月号 特別付録 永久保存版小冊子 なるしまゆり「少年魔法士」完全攻略ガイド
Wings (ウィングス) 2014年 06月号 特別付録 永久保存版小冊子 なるしまゆり「少年魔法士」完全攻略ガイド (JUGEMレビュー »)
葉芝 真己,碧也 ぴんく,池田 乾,箱 知子,篠原 烏童,荒川 弘,金色 スイス,尚 月地,街子 マドカ,右京 あやね,尾崎 かおり,かわい 千草,猫西 めぐ,南国 ばなな,カラスヤ サトシ,鈴木 有布子,草間 さかえ,ミキマキ,りさり,押上 美猫,藤 たまき,なるしま ゆり,REO,あおい れびん,

recommend

Wings (ウィングス) 2014年 04月号 特別付録 荒川弘「百姓貴族」ICカードステッカー[雑誌]
Wings (ウィングス) 2014年 04月号 特別付録 荒川弘「百姓貴族」ICカードステッカー[雑誌] (JUGEMレビュー »)
なるしま ゆり,荒川 弘,峰倉 かずや,右京 あやね,カラスヤ サトシ,押上 美猫,尚 月地,那須 雪絵,篠原 烏童,街子 マドカ,前田 とも,池田 乾,カトリーヌ あやこ,獸木 野生

recommend

Wings (ウィングス) 2014年2月号 特別付録 尚月地「艶漢」ミニドラマCD [雑誌]
Wings (ウィングス) 2014年2月号 特別付録 尚月地「艶漢」ミニドラマCD [雑誌] (JUGEMレビュー »)
尚 月地,押上 美猫,荒川 弘,かわい 千草,池田 乾,ミキマキ,りさり,堀江 蟹子,あおい れびん,前田 とも,カラスヤ サトシ,オチ エイカ,鈴木 有布子,芝浦 晴海,an,カトリーヌ あやこ,菅野 彰,清原 絋,南野 ましろ,右京 あやね,なるしま ゆり,那州 雪絵,獣木 野生,金色 スイス,街

recommend

Wings (ウィングス) 2013年 12月号 特別付録 尚月地「艶漢」一筆箋 [雑誌]
Wings (ウィングス) 2013年 12月号 特別付録 尚月地「艶漢」一筆箋 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
那州 雪絵,尚 月地,堀江 蟹子,荒川 弘,池田 乾,右京 あやね,金色 スイス,街子 マドカ,前田 とも,前田 栄,藤 たまき,高島 ひろみ,猫西 めぐ,依野 いのり,コユリ エス,獸木 野生,菅野 彰,桐原 いずみ,カラスヤ サトシ,あおい れびん,りさり,オチ エイカ,草間 さかえ,なるしま

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

戦う男の軍服図鑑
戦う男の軍服図鑑 (JUGEMレビュー »)
軍服を愛でる会
表紙イラスト一枚掲載

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM